まねきぶろぐ

アクアチント版

アクアチント版

何度か腐蝕を繰り返し・・・アクアチントで全面に“深い黒”を目指してみる。

試し刷りを見た先生が

「メゾチントの黒とはちょっと違うでしょ・・・。
ジェームズ・タレルの作品を知ってる?そんな感じやねぇ。」

深く、深くすべてを飲み込むような“黒”
何かが潜んでいるような神秘的な“黒”・・・がメゾチントなら

アクアチントは光が作り出したような“黒”でしょうか・・・?

直島にある地中美術館で彼の作品『オープン・フィールド』を体験していたので
なんとなくそのイメージが分かったような気がしました。

でも大切なのはこの先・・・この版をどう作品に仕上げるか?

そこが問題なのです。(笑)


☆お知らせ☆

 『私の版画展 ~息するものたち~』     ギャラリーメゾン・ド・ネコ

 6月22日(金) ~ 26日(火)   12:30 ~ 19:00 (日曜・最終日は17:00まで)

私の版画展

私の版画展DM

忙しかった5月を乗り切ってほっと一息ついていたら・・・

熱を出してダウンしたりして・・・気がつけば

あれ、もう6月半ばですか・・・?

取り急ぎのお知らせのみですが・・・(^-^;
東京でのグループ展に参加いたします!

生きものたちをテーマにした版画作品と
それぞれの作家さんの蔵書票も見られるそうです。

どうぞよろしくお願いいたします~


 ☆お知らせ☆

 『私の版画展 ~息するものたち~』     ギャラリーメゾン・ド・ネコ

 6月22日(金) ~ 26日(火)   12:30 ~ 19:00 (日曜・最終日は17:00まで)



扇子作り

扇子黒

作品を制作、発表していく中で・・・
ときどき版画作品を使ってファイルを作ったり
面白い展開を試みたりしていますが今回は扇子に挑戦してみました。

専用の扇形の和紙に刷るのですが・・・
仕上がりを予想しながらレイアウトを考えるのが難しかったかな?

でも版画用の洋紙と同様、しっかりインクを吸い取って綺麗に刷り上がったのにはびっくり。

もちろん、あとは扇子に仕上げるプロにお任せして・・・

昨日、出来上がった扇子を受け取ってきました。

初めてのことで仕上がりがどうなるか心配していましたが
ひとつカタチになるのはやっぱり嬉しいものですね・・・(笑)

どこかでお披露目したいなぁ~!


猫科の女たち展スタート

猫科搬入2

『猫科の女たち展』が始まっています。

直前にフライベントが続き・・・(自称、踊る銅版画家なので:笑)
皆さんへのお知らせ(DM)もなかなか出来ないままのスタートですが
25日までギャラリーびー玉さんで作品を展示しています。

不器用で制作も相変わらずのカメカメペースですが

昨年の個展作品の他にいくつかの新作も展示していますので

お時間があればぜひご覧ください~!


☆お知らせ☆

     『猫科の女たち展』       ギャラリー■びー玉
 
     5月15日(火) ~ 5月25日(金)  ※5月21日(月)は休廊


不思議な世界感

スープ

そこに何かを含んだような深い“黒”はメゾチントの大きな魅力ですが

またそこから浮かび上がる陰影が作品の見せどころ・・・醍醐味ですか?

・・・と言いながらまだまだ試行錯誤をしていますが。

それでもその技法に魅せられて不思議な世界感に挑戦しています。


さて今回ギャラリーびー玉さんの企画展に参加して
展示していた4枚の絵に見てくださった方からいくつかお話がつきました!

豆本が出来上がるかどうかはまだわからないのですが
まずは皆さんに感謝!ありがとうございました~。


☆お知らせ☆

     『猫科の女たち展』       ギャラリー■びー玉
 
     5月15日(火) ~ 5月25日(金)  ※5月21日(月)は休廊


次のページ

FC2Ad