FC2ブログ

まねきぶろぐ

迷走する版

迷走

10連休ですが・・・平常運転の我が家。(^-^;

とりあえずアトリエにて作業。

アクアチントに失敗して引き出しにしまい込んでいた古い版ですが

手を加え、色を変えて何枚か刷ってみました。

どうなることかと思っていましたが終わる頃にはようやく方向性が見えてきて

迷走していた版が復活の兆し。

・・・ちょっと嬉しい!


令和事始め

令和

4月はフライベントが重なりついつい夢中で踊ってばかりいたら
すっかり制作のほうがお留守になっていました・・・

気がつけばゴールデンウィークに突入していて・・・

今日は5月1日・・・・令和元年!?

新しい元号になって気持ちも新たに新作に取り掛からねば!

と、慌てて事始めの目立て作業です。


ちょっと焦り気味。(^-^;

小原古邨展

守口

お花見・・・DANNAさんのマラソン(10㎞)の応援・・・ギャラリー巡り
歯科検診・・・フラの自主練・・・工房作業・・・幹事会(?)・・・

4月に入ってから何かと慌ただしく動き回っております。

昨日はまた大急ぎで京阪ギャラリーで開催中の『小原古邨展』を見てきました。

梅田から守口に向かうはずが
地下鉄で反対の電車に乗り込んでしまう痛恨のミス!(+_+)
次の予定もあってゆっくり会場を回る時間がありませんでしたが

静かに生き物たちの存在感を感じさせる木版画・・・

版画仲間にもらったポストカードと買ってきた図録で
あらためて振り返っております~(^-^;


長谷川潔展

狐と葡萄

町田市立国際版画美術館で開催中の『長谷川潔展』

長谷川潔という作家のことも・・・

この美術館のことも・・・

“メゾチント”という言葉も・・・

実は版画制作をするようになってから初めて知りました。

スタートが遅かった分・・・急速に濃密にそれらは私の中で憧れになっていて

この機会を逃すまい~!と日曜日に行って来ました。

有名な「マニエル・ノワール」の作品はもちろんですが
エングレーヴィングによる挿絵などにも魅せられつつ

偶然にも学芸員さんのギャラリートークも聞けて
ゆっくりたっぷり“長谷川潔”を堪能してきました・・・

この“思い”が今後の作品に繋がればいいけど。


目立て考

目立て考

メゾチントの目立て・・・嫌いな作業ではありません。

むしろ・・・何を描こうか・・・あれこれ考える楽しい時間でもあり

反対に・・・気がかりな問題を抱え込んでいるときでも何も考えず
黙々と無になって打ち込める大切な時間であったりもします。

このくらいの小さな版だとサクサクと仕上げることも出来ますが
大きな版だと1年以上かかったりもします・・・

(ついほったらかして時間をあけるからですが~:(^-^;)

版画家・深沢幸雄さん考案の“ちんたら号”は有名ですが
メゾチントの作家さんたちはそれぞれに自動、手動で
・・・工夫しながら目立て機なるものを考案されています。

・・・・・・・・私もトライしてみようかな~!(爆)


次のページ

FC2Ad