まねきぶろぐ

心のトゲトゲ

CIMG0602.jpg

たとえば・・・・

電車の中で席を譲ろうとして・・・ふとタイミングを逃して・・・

「今から声をかけるのも変かな・・・」・・・とウジウジ。

次の駅ですこし離れた席があいても移動されないので

「あそこの席が空いてるんだけどな~」・・・とアセアセ。

最終の駅まで立っていたおばあちゃまに

「早く替わってあげたら良かった・・・私ったら何をやっているんだろ~」・・・とクヨクヨ。

日常の中で生まれては消えるありふれたちいさな感情なのに・・・

私の心の中だけでぐるぐると渦巻いていつのまにか小さなトゲになっている。

いつもならすぐ忘れてしまうようなことなのにココロの体調(心調?)が悪い時は
この小さなトゲトゲが意外に尾を引いて・・・(もちろんそれだけじゃないんだけど)
心をぐったり疲れさせてしまうのですよね~

・・・・・・・・・昨日はそんな一日。

そんな日もあるさ!


秋の終わり

秋猫

『二人展』を終えてから・・・

作品の整理をしたり・・・お礼状を出したり

(丁寧なお返事をいただいて嬉しかったり・・・)

その合間に高知旅行や家族と温泉旅行に出かけたりして・・・

(感動したり・・・のんびりしたり・・・)

ぼんやり~と過ごしていたらあっという間に11月も下旬。

年賀状の作品も作らなければ!とも思いますが

なかなか制作スイッチが入らないまま“年末”に突入しそうです・・・(^_^;)

時の流れ

コスモス畑

あれから一年・・・・・

闘病生活も長かったので・・・今でもあの病院に行けば
病室のベットで眠っている母に会えるような気もするけど
そこにはもう・・・居ないのですよね・・・・・

お墓の中に眠っているというよりは

風になって大空を吹き渡っているような気もするし

これから先、いつか私が往くであろう場所で笑顔で待っていてくれている・・・・

そんなふうにも思います。


時の過ぎるのはほんとうに早いけれど・・・

今を生きる・・・

私に出来るのはただそれだけ。


高知旅行

CIMG0506.jpg

高知県にある・・・いの町紙の博物館では
『高知国際版画トリエンナーレ』の展覧会が開催中で
先日、DANNAさんの休みを利用して見に行ってきました。

迫力ある受賞作品が数々並んだ展示会場の片隅に
自分の(小さな)入選作品を見つけた時はなんともいえず嬉しくて・・・

ちょっと感動してしまいました・・・。


作品を作るときにいつも意識していること・・・それは
版画を学び始めてしばらくしてY先生に言われた印象的な言葉です。

「ある程度自分の表現が出来るようになったら・・・
次は“何”を描くのかが大切になってくるよ」

技術的にはまだまだ未熟ながらも・・・今回入選できたのは
もしかしたらその“何か”が見てくださった方に伝わったのかもしれないと
小さな自信と感謝をお土産に四国の旅から帰ってきました・・・・

ちなみに版画の展示会に付き合わされたDANNAさんは
帰りに同じく高知で秋季キャンプをしていた
オリックスバッファローズの練習場に寄って来れて
これまた大満足のようでした・・・♪

メデタシ。メデタシ。

秋季キャンプ

二人展

二人展搬出

ギャラリーびー玉さんの『紙片に愛を・・・女性作家の書票展』に続き・・・

京都のギャラリーIさんでの『桐山暁/山田いつか二人展』の展示が無事終了いたしました。

ご高覧くださった皆さまありがとうございました!

搬出を終えて・・・チカラ尽き・・・ヘロヘロ状態ながら

いろいろ勉強にもなったし・・・いい経験をさせてもらったな~と

一緒に頑張ってくれた(いや、トロい私を引っ張ってくれた)桐山さんに感謝しつつ

ギャラリーのオーナーIさんがつくってくださった素敵なアルバムを見ながら
幸せな時間を振り返っております。

皆さんに・・・・・・・・Thank you!


FC2Ad