2015-07

試行錯誤 - 2015.07.30 Thu

CIMG1266.jpg

試行錯誤してなんとか出来上がった銅版も

(私の場合)プレス機が使える限られた時間の中で“刷り”の作業もまた試行錯誤

紙は?インクは?と選択肢が多いほど迷って試し刷りの枚数が増えていきます。

そして搬入直前ぎりぎりになってとりあえず(←それでいいのか?)仕上げた作品を

慌ただしく額装して搬入に向かいます・・・(そう、いつも微妙な心残りを残して・・・)

それでも

「この作品、素敵ですね!」・・・とか

「いい色が出てるね~」・・・とか

見てくださる方々の感想に励まされて(時に凹みながらも)また試行錯誤がやめられない・・・(^^ゞ


↓昨日から始まっているサムホール展【前期】に参加させてもらっています。
版画だけでなく油絵、日本画、イラストなどバラエティ豊かな作品が集まっていますので
お近くの方は覗いてみてください。


   ☆お知らせ

   『夏のサムホール展』    ギャルリVEGA 
     
   7月29日(水)~8月3日(月)  【前期】
   8月5日(水)~8月10日(月)  【後期】


ノントキシック版画技法 - 2015.07.28 Tue

CIMG1263.jpg

先日、作業させてもらっているアトリエ・コントルポワン
『ノントキシック版画技法』のワークショップがありました。

普段、私たちが制作している銅版画の制作現場では銅版を腐食する薬剤など
(微量ですが)身体に害を及ぼすものも扱います・・・

“ノントキシック”とは「非毒性」・・・・
それらをなるべく環境にやさしいものを使って制作していこうという動きで
今回指導してくださった講師の先生方も自ら試行錯誤しながら新たな技法を研究されているようで
その熱意が伝わってくるようなとても充実したワークショップでした。

・・・と言いながら普通は5日間をかけて行う講座を今回は2日間のタイムスケジュールに調整。

しかも私は最終日のみの参加で・・・とりあえず流れを把握するのに精一杯。^_^;

それでもいろいろなところから集まった受講生たちと言葉を交わしながら
いつもとは違う技法で新しい体験をさせてもらって・・・とても楽しい一日でした!

このワクワク感を忘れずに私もこれから試行錯誤(制作)していきたいと思いました。

ありがとうございました!



母の教え - 2015.07.23 Thu

CIMG1201.jpg

亡くなった母は決して美人じゃなかったけどいつも笑顔の人でした。
だから私も(母と同じように美人じゃないけど)・・・・どんなときも
いつも笑顔を大切にしたいと思ってきました。

それは言葉で言われたわけではないのですが・・・
母に教えられたいちばん大切なことだと思っています。

が、しかし・・・・・・・・

年齢とともに身体がガタつき始めるように、顔にも自然とガタがくるようで・・・(?)
ここ最近・・・何気ない時にふとDANNAさんから

「・・・なんか・・・怒ってる?」と聞かれることがあります

(・・・・そりゃまぁ日常生活いろいろ不満もありますが・・・:(^^ゞ)

その時は全くの平常心、本人としては心穏やかなつもりでいたのでびっくりするのですが

あらためて鏡を見ると・・・・・・・・・
いつのまにか口角も重力(年齢)に逆らえず口元が“へ”の字に・・・
あきらかに不機嫌顔が張り付いているんですよね。

これはヤバイ~!(笑)

監視係 - 2015.07.17 Fri

CIMG1241.jpg

今月はなぜか病院通いが続き・・・(いえ、搬入ではなく診察も含めてね:^_^;)

ついにお医者さんから一か月の禁酒命令が出てしまうことになってしまいました!(涙)

確かにもう〇十年も生きてきてるんだから身体もあちこちガタついてくるお年頃・・・

身体も労わってあげなくっちゃ・・・・・・と思いながらも

・・・・この暑い夏にキーンと冷えたビールが飲めないなんて・・・ツライなぁ~



でも、厳しい監視係↑の目に・・・はい、しばらくお酒はやめます~!



「何も無い」幸せ - 2015.07.13 Mon

CIMG1236.jpg

「当たり前のことに感謝しよう」・・・とか

「変わりゆく、変化するのが自然なこと」・・・とか

何気ない言葉が身に沁みる今日この頃・・・(^^ゞ


先日、遠出して野球の試合を見に行った地方球場で

久しぶりに群生するシロツメグサを見ました~。

この中からあえて四葉のクローバーを探すより・・・

日々の生活の中で小さな「ありがとう」を積み重ねていれば
いつだって幸せを感じることができるのですよね?

・・・・と、しみじみ。(笑)

ホスピタルアート - 2015.07.06 Mon

CIMG1225.jpg

以前、銅版画家山本容子さんの「アートインホスピタル」という展覧会を見たことがあります。

「アートにどんなチカラがあるのか?」

「医師や看護師が患者の病気や怪我を治療するとしたら
アーティストは病院を訪れる人の心を癒すことができるのか?」

そんな問いかけから彼女が取り組んでいるホスピタルアート。
“自己表現”とはまたちょっと違った方向で描き出されるアートはなかなか興味深いものでした。


・・・・と、そんな“チカラ”には及びませんが

私たちの版画講座の仲間たちも毎年、市民病院で展示をさせてもらっています。

先日、お世話してくださっているEさんとともにみんなで搬入を済ませてきました。

・・・この場所のために描かれたものというわけではないけれど
病院で忙しく働く先生方や看護師さん・・・
いろいろな思いを抱えてこの病院を訪れるだろう患者さんたちが
ふと通りかかったこの通路でひとときやすらいでもらえれば・・・と
みんなが持ち寄った作品たちです。

楽しんでいただけるといいのだけれど~。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いつか

Author:いつか
イラストの描ける猫になりたい・・・と思う今日この頃。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる