FC2ブログ

まねきぶろぐ

光のほうへ

アクアチント磨く

メゾチントの魅力はなによりその深遠な“黒”だと思いますが

そこから浮かび上がる“光”が生きてこそなのかもしれませんね。

・・・・・・とメゾチントを語りながら

アクアチントで腐蝕した版面を磨いております。(笑)

どちらにしても“光”のほうへ・・・

でも“黒”はけっして闇ではなく

深い美しさなのだからそれはとても幸せな時間です。

コツコツコツコツ・・・光に向かって。




生かされているということ

命日

数年前、長い闘病生活のあと母が亡くなったとき
何度も病院に通ううちに・・・意識はしていなくても
それなりの覚悟が出来ていたのか
その時を、冷静に受け止めて見送ることが出来ました。

ある意味で母も解放されたのかもしれないと・・・

なかなかお墓参りにも行けなくて
母が生きているときも、亡くなったあとも
不出来で親不孝な娘ではあるけれど

それでもなお今も母に守られていると実感できるのは
無条件に愛されたという記憶と実感。
“親”という存在は本当に有難く・・・

つくづく“人”は生かされているものなんだと思います。

だからこそ突然、哀しみと混乱の中に陥ることも起こりうる。

日常は決して当たり前ではないのだ・・・

そんなことを思う朝。


銅片の壺

銅の壺

風邪から復活して・・・ぼちぼち動き出しています。

部屋の中は片付かないまま取り散らかったお道具が散乱したままですが

(↑それは気にせず)・・・昨日は銅版画仲間kiyuttさんの個展へ。

偶然居合わせた他の先輩さんたちと技法のことなど興味深い話にいっぱい刺激を受けて

そこから・・・プレス木凹版画や手染絵の展示を見にギャラリー巡り。

素敵な作品を見るとついつい自分でも描きたいこと、やりたいこと、いろんなものが溢れ出して・・・

収拾がつかなくなりますね。(笑)


まずは心落ち着けて真新しい銅版にプレートマークなど磨き出しましょう~。


喝!

にゃんけい

朝晩、急に冷え込んだりして体調管理が難しい季節ですが・・・

ついに風邪をひいていまいました~。


そこで大河ドラマ館のにゃんけい和尚(←パネルですが)から一言。

「気合が足ら~ん!喝!」


・・・・・・・・・・・・・・(^-^;


ハシビロコウ

ハシビロコウ横顔

毎年、大河ドラマを見ては舞台となった土地を旅しているお気楽夫婦。
(すっかり某放送局の思うつぼにハマっていますが:笑)

今年も『おんな城主 直虎』の大河ドラマ館を目指して浜松を旅してきました。

翌日は掛川城まで足を延ばし・・・お城巡りなども楽しみながら
少し時間もあったので掛川花鳥園にも行ってみたら・・・

なんとハシビロコウに出会う・・・・・・・・!

下調べも何もしていなかったんですが想像以上に楽しくて
いろんな鳥たちと間近に触れ合うことが出来て
思わず興奮してしまいました!

楽しい旅でリフレッシュも出来たし・・・また頑張ります~。



作品のチカラ

瞳版

京都での展示も無事終わって・・・ほっと一息ついています。

「友人、知人に個展のDMを出さなくなったら一人前の作家だよ」
・・・・という話を聞いたことがありますが
会期中懐かしい友人たちとの飲み会で盛り上がっているようではまだまだですね(笑)

それでも作品展では一人でも多くのお客様に作品を見ていただけることが嬉しいし
いろいろな感想が励みにもなります。

「絵を描くことは自分と世界をつなげる窓のようなもの」と言った人もいましたが
今まで作品を通しての出会いが私を救ってくれていたような気もするし
そしてその輝きがこれからも誰かの心に届いてくれるように・・・

作品の持つチカラを信じてコツコツ創り続けたいと思っています。