FC2ブログ

まねきぶろぐ

共同作業

絶滅危惧

版画の技法の中でも腐蝕しないメゾチントは直接技法と呼ばれますが

そもそも“版画”というのは
絵画やドローイングという直接的な表現とは違って
“版”という第三者を介在して表現する間接的な表現・・・なんですね。

何を描きたいのか?
表現したいことのために版を作るわけですが・・・
(その技術の多種多様さにいまだ戸惑っています)

ある程度経験を積むとあらためて“刷り”の難しさもわかってきて
と同時にあれこれ工夫しながら仕上げていく面白さも感じてきます。

そんな時ふと、版画は“版”との共同作業なんだな・・・という思いに至りました。

すると彼(“版”)からこんな声が聞こえてきました・・・

「刷る段階になってじたばたしないで、まずきちんとボクに向き合ってください!」と。

「・・・はい。」(´・ω・`)


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad