まねきぶろぐ

書票展

京都土産

今日は再び京都へ・・・・

版画講座の先輩でもある桐山暁さんが参加されているというので
久しぶりに猫友達と待ち合わせて関西書票倶楽部の『書票展』を見に行ってきました。

「書票」つまり「蔵書票」というのは
蔵書の表紙や見返しなどに貼り付けて、蔵書の所蔵者を示すためのものです。
さまざまな版画技法で制作されていて・・・貴重なものは「紙の宝石」とも言われ
最近は小版画作品としてコレクションされたりもするそうです・・・

・・・あまり本を読まない私はつい最近その存在を知ったんですが・・・(^_^;)
世の中には私の知らない面白い世界がまだまだいっぱいあるんですねぇ~。

(知らない世界といえば・・・猫仲間たちが盛り上がっていた『Twiitter』
今日も私だけ、ま~ったくついていけませんでしたけどね~:笑)

画像は・・・(パッケージが可愛い)京都土産のサブレと頂いた蜜いもグラッセ。
世の中にはまだまだ私の知らない美味しいものもいっぱいありそうです♪



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad