2017-10

本と猫 - 2011.01.22 Sat

試し刷り

先日の自摺会で、試し刷りした蔵書票。
小さな版画作品ですが最終的な仕上がりを楽しみに作業をすすめています。

でもついつい焦って作業を早くすすめようと無理をすると
同じ失敗をくり返し、結局同じところばかりやり直したりしていますが

思慮深い猫に「焦らずじっくり進みなさい~」と言われているような気もしますね。

そういえば去年の暮れに新しく梅田にオープンしたMARUZEN&ジュンク堂書店
店内のギャラリーで今『蔵書票の楽しみ展』が開催されています。

・・・あらためて本と語り合う静かな時間を大切にしたいと思いつつ
オープンしたばかりの店内は人酔いするほどの混雑ぶりで(休日だったからかな~)
作品を見た後は・・・絵本を2冊ゲットして早々に出てきてしまいました。(^^ゞ

少し落ち着いたらまたじっくりお気に入りの本を探しにいこう~。


● COMMENT ●

か・・・かわいいい!!! ねこちゃん!!
生きてる感じがしますね><いきいき♪

これは全部彫るのですか? 地道な作業ですね!!
でも本当に素敵ですーー。

私も消しゴムハンコはよく作るんですが(一緒にしてはいけない)wあんな簡単なモノでもヒーヒー言ってます。

奥が深いですね、版画は!!!!

ありがと~♪

■陽子さん
これは銅版画なんですが・・・
彫るというより銅版を引っかく(?)というか・・・(^^ゞ
描き出すまでにコツコツと地道な作業が必要なんですね。

でも・・・消しゴムハンコも同じだと思いますよ~。
最近は消しハンで素敵な作品を作られる作家さんもいますよね。
頑張ってコツコツ作った版を紙に写し取る瞬間は
(銅版画の場合はプレスするのですが)
ドキドキとちょっとときめく嬉しい瞬間ですよね~♪

をを~

かわいい版画ですね~
大事に抱いてる本が幸せそうだなあ。
本を買ってもらって嬉しくて嬉しくて仕方なかった...子供の頃のこと、
ちょっと思い出しました。(^^)
あの頃は、いとこのお兄ちゃんのおさがりばっかりで、
本を買って貰えるのなんてホントに事件でした。
「本を捨てる」「本をゴミに出す」なんて、夢にも思わなかったなあ。

大切にしたいもの。

■くま吉さん
>大事に抱いている本が幸せそう

嬉しいコメントだなぁ~♪ありがとう。

モノに溢れた情報化社会の今は
情報も含めて簡単になんでも手に入るけれど・・・
(簡単に手に入れたものは簡単に捨てられるとも言うし)
きちんと手にとって思いを込められるものを、ずっと大事にしたいですよね!


管理者にだけ表示を許可する

パウ «  | BLOG TOP |  » プチ新年会

プロフィール

いつか

Author:いつか
イラストの描ける猫になりたい・・・と思う今日この頃。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる