2017-06

最終日 - 2008.05.12 Mon

暁斎

京都国立博物館での「暁斎展」・・・最終日に行ってきました。

あまり予備知識はなかったのですが「泣きたくなるほどおもしろい」と銘打ってあるとおり
正統的な軸絵から鳥獣戯画やユーレイ画、ファンタジーな絵本(?)「地獄極楽めぐり図」まで
・・・多岐にわたるその作品はどれもとても興味深く・・・面白かったです♪

「100年以上も前に、こんな発想をする人がいて・・・
確かなテクニックでこんなふうに見事に表現されたら・・・かなわないなぁ~」と
(いえ、そもそもかなうはずもないけど:笑)・・・夢中で見て回りました。

猫好きにとって、歌川国芳の猫は有名ですが・・・
彼に浮世絵を学んだという暁斎の猫も良い味出してましたよ~。

そしてもうひとつ・・・京都駅にある美術館「えき」では「木梨憲武色の世界展」。
こちらは贅沢に、絵を描くことを楽しみました・・・という空間で
入り口前・・・ずら~~~りと並んだ胡蝶蘭の列が
劇場の楽屋口みたいで「ザ・芸能人」を主張して印象に残りました。(笑)

京都にて・・・なかなかアートな一日。

● COMMENT ●

作品の数がすごかったですよね。できることならあと倍の時間かけて、じっくり見たかったです^^;
それにしても暁斎おそるべしでしたよね。正統派から崩したの、妖怪やらおふざけ画(笑)まで、幅ひろ~い。猫もよかったけど、トラにやられました♪

有名人の個展って、その人のファンならいいけど~ってところありますよね(^_^;)パンフ見て初めて絵を描く人やったんや~と知りました。

はい、暁斎おそるべし!

■ねこてさん
「京都に帰ったついでに見に行くかな。」くらいに思っていたんですが
ねこてさんの感想を読んで「絶対、行かねば!」と思いたち・・・(笑)
午前中、早い時間に行って正解でした。
午後、見終わった頃には入場制限の長蛇の列がすごかったですから!

トラにやられましたかぁ~?蛙や昆虫、ガイコツまで踊ってましたよね。
ただ普通に「素晴らしい」とか「スゴイ」だけでなく
クスッと笑えるその自由な発想に・・・とても楽しませてもらいました♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://doratotyura.blog18.fc2.com/tb.php/47-7b92523c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四国猫。その3 «  | BLOG TOP |  » 和顔施

プロフィール

いつか

Author:いつか
イラストの描ける猫になりたい・・・と思う今日この頃。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる