まねきぶろぐ

銅版画の魅力

CIMG0987.jpg

銅というのは金属ですが・・・とてもしなやかで柔らかい素材です。

銅版画を制作するようになって初めて知りました。(^^ゞ

特にメゾチントという技法では
鉛筆をバニッシャーという道具に持ち替えて
紙ではなく銅版に絵を描くという微妙な感覚は
銅版の持っている柔軟性によるところが大きいと思います。

ただ描く前の準備作業(目立て)にも時間がかかり
おまけにようやく描き上げたその銅版が作品ではなく
今度はプレス機で紙に刷りとらなければならない・・・・という

つまりそこが銅版画の面倒くさい・・・いえ、面白いところでもあるのですが。(笑)


今日もゆるゆると目立て作業を進めています~。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad