2017-08

作家との出会い - 2015.08.04 Tue

ビュラン

連日の熱帯夜で寝不足だし・・・・
日中も太陽が照りつける2階の部屋はエアコンもなく
扇風機をフル回転させても作業ができる状況ではありません~(涙)

結局・・・作業をあきらめて冷房の効いた図書館に逃げ込む・・・・(笑)
と、そこでこんな本を見つけました。

『殉教の刻印』

銅版画家・渡辺千尋さんが(日本で最初の銅版画といわれる)「セビリアの聖母」を
復刻するにあたって書かれた歴史ノンフィクションです。

今年3月・・・セミナリヨ現代版画展に入選して初めて長崎県の南島原市を訪れ
「セビリアの聖母」が生まれた経緯や渡辺千尋という銅版画家のこと知りました。

その後、京都のギャラリーで彼の遺作展を見ることが出来て
ビュランで描かれたのその高い技術や経歴に興味を持っていたところ・・・

心に残る作品や作家との出会いは偶然に、そして必然的に繋がっているような気がします。


そしてもうひとつ、蔵書票の遺作展に参加させてもらってます↓

   ☆お知らせ

   『川崎無斎(錠二)遺作展』      ギャラリー■びー玉

   8月4日(火)~8月12日(水)   ※8月10日(月)は休廊

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

京都同窓会 «  | BLOG TOP |  » 夏のサムホール展

プロフィール

いつか

Author:いつか
イラストの描ける猫になりたい・・・と思う今日この頃。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる