まねきぶろぐ

自分磨き

ピカール

銅版画の制作ではまずPIKAL(金属磨き)などで銅版を綺麗に磨きます。

メゾチントという直接技法では基本的にこの工程は必要ないのですが
いろいろ新しいことにも挑戦と新作に向けてちょっと大き目の版を磨いてみました。

ピカピカに磨き上げた銅版はまさに鏡のようで思わず記念撮影・・・(笑)

ここからどんな作品が生まれるのか・・・
自分自身でもそのワクワク感を楽しみながら作業していこうと思っています。

気持ちよく“銅版磨き”が終わったところで

来年は“自分磨き”も頑張らないとね・・・・(^-^;

いや、その前に・・・今日の“トイレ磨き”がまだだった!( 一一)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad