まねきぶろぐ

食べてはいけないシリーズ

シンクロ

どんなに可愛くても猫は食べてはいけないシリーズ?・・・(笑)
食べてもいいのはエビフライのほうだけです!

この作品は少し前のものですが来月の展示用にあらためて刷ってみました。

それぞれの作品には使った紙やインクなどをノートに控えるようにしています。

ひとくちに“黒”といっても版画用のインクは何種類もあって
微妙な違いを作品によって使い分けたりしていますが
うっかり忘れていたり、思い込みがあったりして
久しぶりに刷るときに戸惑うことがあります・・・(´・ω・`)

またあらためてエディションの確認も出来るし・・・

ときどき前の作品を刷ってみることも大切ですね。



来年は戌

盲導犬

2017年もあと3日。

この一年なにより家族みんなが健康に過ごせたことに感謝しています。

また私自身は仲間と踊ったり・・・制作したり・・・
いくつかのグループ展と、6月には東京で個展をさせてもらって
思い出に残るとても充実した一年でした。

来年はパワーアップしてもっと楽しい年にするぞ~!と
慌ただしい年末にちょっと気持が先走ったのか・・・

年賀状作りの消しゴムはんこで大きなミスプリントをやらかしてしまいました!
受け取った皆さま(もし気が付いたら)笑ってやってくださいませ。(^-^;


「これこれ、落ち着きなさい。」とでも言いたげな蔵書票わんこ。

来年(戌)もよろしくお願いいたします~!


猫と私の冬休み

猫と私の冬休み

今週からギャラリー猫町さんで『猫と私の冬休み』が始まります。

クリスマスにお正月と・・・冬休みは楽しいイベントが続きますが
そんな冬休みを楽しく過ごすための作品が大集合・・・というわけで
私も版画作品とポストカード(イラスト)で参加させてもらいます。

白銀の世界でトナカイに扮したこの猫も・・・
どこか暖かいお部屋の壁に飾ってもらえると嬉しいのだけど・・・(笑)

特別企画で紙町銅版画工房さんのオリジナル消しゴムはんこも受注できるそうなので
お近くの方は覗いてみてくださいね~!


☆お知らせ☆

       『猫と私の冬休み』  ギャラリー猫町

            12月21日(木)~12月27日(水)  


ちいさいおうち

T伊丹病院展示

少し前になりますがギャラリー14thmoonさんの企画で
「物語から飛び出したヘクセンハウス展」に参加させてもらいました

ヘクセンハウスとは「お菓子のお家」のことで
有名な物語をテーマに作られたお菓子のお家と一緒に作品を展示するという企画展でした。

私の担当はバージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」で
小さいお家が最後にまた田舎におひっこしするときのイメージを描いてみました。

毎年、講座仲間と一緒に伊丹病院で作品を展示させてもらっているのですが
今回は同じ額で揃えることになり、ひさしぶりに「おひっこし」を展示することにしました。

作品にとって額装はとても大切だと思っているので
あくまでも作品に合ったもので、できればちょっとオシャレで素敵なものを・・・(笑)
・・・といつもあれこれ考えますが

今回シンプルな白木の額に額装してみて
作品を見てもらうにはなによりシンプルな額がいちばんかもと思ったりして・・・

simple is best ?


光のほうへ

アクアチント磨く

メゾチントの魅力はなによりその深遠な“黒”だと思いますが

そこから浮かび上がる“光”が生きてこそなのかもしれませんね。

・・・・・・とメゾチントを語りながら

アクアチントで腐蝕した版面を磨いております。(笑)

どちらにしても“光”のほうへ・・・

でも“黒”はけっして闇ではなく

深い美しさなのだからそれはとても幸せな時間です。

コツコツコツコツ・・・光に向かって。




前のページ 次のページ

FC2Ad